【インパルス】堤下敦 現在の私生活は? 交通事故!?

堤下
Pocket

古くは”アドレな!ガレッジ”や”はねるのトびら”、最近では”人は見た目が100パーセント”などにも出演しており、お茶の間でも知られた存在となっているインパルスの堤下さん。

今回はそんな堤下さんに迫っていきましょう!

堤下さんについて

プロフィール

本名:堤下敦

ニックネーム:つっつん

生年月日:1977年9月9日

出身地:神奈川県横浜市神奈川区

血液型:B型(Rhマイナス)

身長:174cm

最終学歴:関東学院大学中退

 

堤下さんは本名で芸能活動をされてらっしゃるようです。

それと、血液型がB型のRhマイナスという、極めて珍しい性質をお持ちのようです。

あと、思いのほか高身長なんですね!

 

 

芸人としての”堤下”

☆コンビ名
・プラス2トン(解散)
・インパルス

相方:板倉俊之(インパルス)

芸風:漫才・コント,ほか

事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

活動時期:1998年~

 

インパルスを結成する前はプラス2トンというコンビを結成していたようですね。

ちなみにインパルスではツッコミ担当ですが、プラス2トンの頃はボケ担当だったみたいです。

メディアへの進出がインパルス結成後に顕著になったのもあり、なんだか意外な印象ですね!

ちなみに同期の芸人の中では”ロバート”や”森三中”など、トリオが目立っている傾向があります。

 

堤下さんの”主な芸風”

パワフルで的確なツッコミから「ツッコミ番長」の異名がつけられている。

本職はツッコミだが、最近ではかなりのデブキャラ、いじられキャラが定着していて
リアクション芸人に近い。またコントにおいてもツッコミをしつつも
キャラクター設定がハイテンションであることからボケ的な役割をすることもある。

周りのいじりに逆ギレ気味のリアクションを返すのが定番。

 

ボケとツッコミを両方経験しているだけあって、ハイブリッドな芸風をこなしつつ、ツッコミとしても

異名をつけられるほどに活躍されています。

こんな芸人さんはなかなかいないのでは?

 

堤下さんの”人物像”

高校時代、硬式野球部でキャプテンに指名された理由は
当時ワルな部員がおり、彼の仲間達が堤下の意見はよく聞いていたことから。

趣味はダーツ、カフェ巡り、ゴルフ、バイク、スキューバダイビングなど。特にダーツは3本の矢全てをブル(※1)や、
20点のトリプルリング(※2)に当てる等プロ級の腕前を持っている。

※1:中心の2重の的。所謂ダーツの中心点。
※2:20×3=60点と1番点数が高い的。因みにダブルブル、もしくはブルズアイと呼ばれる中心部分は50点

自身のブログで、1番仲のいい芸人はキングコングの西野亮廣であると述べている。

料理が趣味であり、得意料理はハンバーグ。コンビで新幹線移動をする際には
「良い鮭が手に入ったから」と、相方の板倉の分までおにぎりを作ってきたこともある。

 

若いときからパワフルなツッコミのスタイルの片鱗を見せていたのでしょうか?

そして堤下さん、かなりアウトドアに趣味が寄ってますね…

あと、料理好きなのはお茶の間には余り知られていない事実ではないでしょうか?

 

主な来歴

中学・高校時代はいずれも野球部に所属しており、武相高校硬式野球部ではキャプテンを務めながらも補欠だったが、最終的には背番号13ながらスタメン一塁手になったとのこと。

2008年9月27日、制限速度50キロの一般道を80キロで走行し、スピード違反で検挙される。

2010年3月6日、ロバートの秋山竜次と玉突き事故に巻き込まれていたことが分かり、秋山が軽傷を負っていたことが分かった。

2017年6月14日、睡眠薬を飲んで朦朧としている状態で車の運転席に居たところを発見される。

 

なんだか車関係のトラブルが多い印象を受けますね。

ちなみに、2017/06/14の事故については記者会見を開いて謝罪するまでにいたりました。

簡単な経緯だけ下記にまとめておきます。

 

2017年6月14日の事故について

14日午前2時30分前、東京・狛江市東和泉の路上で、堤下さんが運転する車が、反対車線側にはみ出し道路の中央部分で停車しているのを、近くを通りかかったタクシー運転手が見つけ通報。

スポンサードリンク

堤下さんは、運転前に服用していたのは、睡眠導入薬の「ベルソムラ20ミリグラム」、「レンドルミンD錠0.25ミリグラム」
を1錠ずつ、アレルギー薬の「アレジオン錠20ミリグラム」を2錠だと説明。

ちなみに堤下さんは、1ヶ月前からアレルギー症状に悩み、病院から処方されたもので、今回初めて服用したという。

服用したタイミングは、自宅付近の銭湯で入浴後に牛乳と一緒に薬を口にし、時間は午前0時半から1時の間。

今回、初めて服用し、薬剤師の説明を受けたが、自らインターネットで薬の情報を事前に調べていたといい
「銭湯から自宅まで10分かからない場所。薬が作用するまで多少するという情報を目にしたので飲んでしまった」
と話し、医師からは運転前の服用は控えるよう指導されていたことも明かした。

警察に発見された際の記憶は断片的にしか覚えていないとのこと。

 

うぅむ…薬の効能は素人判定しちゃいけない、ということですね。

薬は決められた通り、医師の指示に従って飲む必要があるということですね。

でないと、大きな事故を起こしてからだと取り返しが付かないですからね…

尚、今回のこの一件において、死者等重大な被害は出てはいないとのことです。

薬を飲んで運転する際にも皆さん、気をつけていきましょう!

ちなみに、今回の一件でお仕事を自粛されたり、休業したりといったことはないそうです。

堤下さん自身も「皆様にご迷惑にならない程度にやらせていただけたら」とコメントしており

私生活に事故の影響はほぼないと見ていいでしょう。

今回の堤下さんの一件を期に、堤下さんのお仕事が減らないかどうかは心配になってきますが・・・

あと、牛乳と薬を一緒に摂取すると、思わぬ副作用を生むことがあるので、皆様は

薬を飲む際には水で摂取を行うようにしてください。

 

現在の堤下さんの私生活について

 

twitterを見ている限り、蕁麻疹に悩まされながらもその忙しい生活をこなしていたようですね。

最近はメディアへの露出が少しずつ減ってきているとはいえ、

忙しさに忙殺された結果の今回(2017/06/14)の事故といったところでしょうか?

そう考えると、世知辛いものがありますよね…

1ファンとして、心配になってしまいます。

尚、アレルギーの対処に関しては、記者会見中に「運転に支障が出ないように、医師と相談して違ったアプローチが取れないか相談していきます」とのことです。

ちなみに、蕁麻疹が出るほどのアレルギーとなりますと、かなり強いアレルギーとなります。

薬に頼ってしまうのは止むを得ないとはいえ、今後は日常生活に影響の出ないように薬を使うタイミングなどをある程度考慮しながら、体調に気を遣いながら日常生活、芸能生活の双方をすごして欲しいと思います。

 

 

 

はい、というわけで今回は、インパルスの堤下さんについてまとめてみました!

ストレスや蕁麻疹等に負けずに、堤下さんにはこれからも活躍していただきたいですね!

スポンサードリンク
About もるがん斉藤 78 Articles
割と音楽とかが好きです。 よかったら記事見てください! よろしくお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*