【DEZERT】SORAについて。収入は?交友関係は?

Pocket

今回は急成長を遂げている”DEZERT”の、それも先日誕生日公演をされたばかりの、ドラム担当”SORA”さん(以下ソラさん)について迫っていきましょう!

スポンサードリンク

”DEZERT SORA”について

プロフィール

生年月日:1991年6月22日
身長:179cm(自身のブログにて公表)
血液型:A型

うーむ・・・V系にありがちだとは思うのですが、世界観を壊さないためかプロフィール系の情報すら余り出てきませんね…

ちなみに、旧来のバンド(DEZERTの前の所属バンド)は”XodiacK”という名前で、当時は”楓”と名乗ってドラマーとして活動されていました。

 

 

収入は?

ヴィジュアルサミット2016などにも出演し、V系の最先端を行き続けているDEZERT。

しかし、彼らの動員やチケットの売り上げ、抑えている会場の規模や経費を鑑みたとき、実はそこまで収入が高くないことがうかがい知れます。

しかも、現在DEZERTは、バンドの稼ぎ頭でもあるチェキの販売をしていないため、メンバー一人あたりの推定される年収はおおよそ150万~200万ちょいぐらい。

しかも多めに見積もってこれです。

下手をすればバイトをしながら音楽活動に打ち込んでる可能性もありますね。

 

 

交友関係について

ツイッターなどで公言している”弟子”として、”DAMYの海青”さんがいらっしゃいます。

そのほかにもNatsuさんや、Sakuraさんといった著名なドラマーさんともちょくちょく交流されているようですね!

先輩後輩問わず、ドラマー仲間との交友が広いようで、仲睦まじい様子がTwitterで繰り広げられたりしています。

 

 

人物像

「常にDEZERTのドラマーとして強い自分であることを目指したい」
「あの……今『成長できた』って言いましたけど、成長っていうより強くなれたツアーだったと思うんですよ。
俺、実はすげえ弱いんですよ。
弱いからセットリスト変えられるのが怖くなったり、考えすぎたて良くない方向に行ったり……。
たぶん、俺ってDEZERTのことが好きすぎるんですよ。
好きすぎるゆえにしつこいっていうか、考えすぎたり、嫌われるのが怖くなったり。

スポンサードリンク

でも前のツアーでいろんな経験して少しだけ強くなれた気がするんで、そういう自分らしさがちゃんと前に出るドラムを叩きたいと思ってるんですけど」

「俺がカウントとらないと曲って始まらないじゃないですか。そこで俺がヘボかったらみんなヘボくなっちゃうんですよ。
だから俺が『よっしゃー!』ってなってれば、みんなも『よっしゃー!』ってなる気がしてて。
だからまずDEZERTのドラマーとしての自信を持って、バンドのために上手いドラムを叩けるようになりたいと思ってて。
みんなが安心してプレイできるような、伝えたいことをちゃんと伝えられるような、そのためのドラマーとしていたいと。

そういう気持ちでツアーを回れば、もっとみんなが楽しいって思えるライヴをやれるだろうし、俺たちDEZERTってバンドの魅力も伝わるんじゃないかな」

「俺、ようやくドラムを上手くなりたいって思える理由が見つけられたというか。
それが今言った『バンドのために』とか『みんなが安心して』とか、そういうことなんですけど。
そのためにはいつも自信満々でいられるための練習をすべきだし、体調もメンタルも自分で管理しないといけないし
ライヴが無い時に遊びまくるんじゃなくて、ちゃんと常にDEZERTのドラマーとして強い自分であることを目指したいと思ってます。

今度のツアーは前回よりハコもデカいんで、そのぶん強くなった自分を観て欲しいです」

「俺、もともとhideさんに憧れてバンド始めて、ドラマーじゃないけど『あの人みたいなロックスターになりたい』って思ったんですよ。
もちろん会ったことないけど、今となってはあの人の身近にいたいろんな先輩が一緒にお酒呑んでくれたり、あの人の話をたくさんしてくれたりする中で、『やっぱり俺もhideさんみたいな人なりたい』って思ってた時期もあったんですよ。

でも、最近になってようやく気づいたのは、俺があの人みたいになってもしょうがないんだってことで」

「でも、あの人はあの人なんだし、俺がなれるわけがない。
そう考えたら、ドラムの叩き方もすごく変わってきて。『このフレーズはTetsuさんぽく』とか『ここはYOSHIKIさんだ』とか。
いろんな憧れの人のフレーズを自分の中に取り入れてたんだけど、でもそれって俺じゃねえじゃんって。
そういう自分の憧れだったり好きな人のことを意識しないで、もっと自分らしいスタイルでやろうと。
でもそのスタイルが最近できつつあって。
1月にノクブラ(NOCTURNAL BLOODLUST)と久しぶりにイベントで対バンした時ノクブラのドラムの人に『ドラム変わったね』って言われたんですよ。
『お前がより“お前”になった感じ。自分のスタイルを掴み始めたね』って。

だから次はもっと自分らしいドラムを叩けるような気がします」

 

インディーズV系の最先端を行くソラさん。

いやはや、さすがというべきか・・・

向上心の高さをこれでもかっ!と言わんばかりに思い知らされますね。

 

 

はい、というわけで今回は今勢いに乗りつつあるDEZERTのソラさんについてまとめさせていただきました!

これからもソラさんを含めたDEZERTの躍進に期待しましょう!

スポンサードリンク
About もるがん斉藤 78 Articles
割と音楽とかが好きです。 よかったら記事見てください! よろしくお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*