【野中藍】まどマギを機に大躍進を遂げた声優の今。私生活は?結婚!?

Pocket

今回は”魔法少女まどかマギカ”の”佐倉杏子”役を演じたことで声優として大躍進を遂げ、ベテラン声優として輝かしい地位を誇る”野中藍”さんについて迫っていきましょう!

スポンサードリンク

野中藍について

プロフィール

本名:野中 藍
愛称:あいぽん(藍ぽん・アイぽん)、あいちゃん、あいあい
性別:女性
出生地:福岡県福岡市早良区
生年月日:1981年6月8日
血液型:A型
身長:156 cm
足のサイズ:23.5cm
職業:声優、歌手
事務所:青二プロダクション

 

当記事執筆当初で36歳とのことですが…

これは女性声優の皆さんに言えることですが、声からその年齢を全く感じれないですよね!

いやはや、声優さんの技術がそれを許しているのか、はたまた生まれ持った才能なのか…

 

 

人物像

小学校高学年の頃、アニメ『幽☆遊☆白書』のファンだったことがきっかけで声優に興味を持った。
登場人物では蔵馬が好きで、声を担当していた緒方恵美に憧れていた。
声優になるため必要ということで、演劇部に入り、バレエを習った経験もある。
その後、演劇そのものが好きになり、高校を卒業する頃には宝塚歌劇団の男役を目指していたが、身長不足で断念した。
将来について考えていた時、声優になりたいという小学生時代の夢を思い出し、青二塾に入った。

血液型はA型で、星座はふたご座。
3歳下の弟が1人いる。

名前の由来は、母の名の頭文字「あ」と父の名の頭文字「い」を繋げたもの。
元々は字を「愛」にしたかったものの、同じ団地に「愛」という名の子がいたため、漢字を変えたという。

演じた役でお気に入りの役柄は『宇宙のステルヴィア』の片瀬志麻であると語っている。
自分にとって夢中のタイプであるというのが理由である。

自身がパーソナリティをつとめるラジオ番組『野中藍 ラリルれ、にちようび。』などで「歌はあまり上手くない」と自称しているものの、2005年からは歌手としても活動している。
逆に、それを活かして「音痴」と言う設定のキャラクターの持ち歌を担当したこともある。
プロモーションビデオでは複数の衣装を着ることが多く、3rdアルバムの『ナミダノキセキ』の初回盤に封入されている『アマノジャク』では初めての男装を披露したり、「メガネをかけた女性役」を演じたりした。

サインには、基本的に「藍」をアルファベット表記した「AI」の崩し字とその時々の役名を書く。
また、イメージカラーはDROPSの活動を通して定着した「緑」である。

苦手な食べ物はチーズとあんこ。

青二塾東京校卒業(21期生)。
事務所は青二プロダクション、レコードレーベルはスターチャイルドに所属している。
『魔法先生ネギま!』シリーズの近衛木乃香役では、独特の京都弁を「野中弁」と自称している。
なお、ボイスニュータイプNo.007にて発表された「(ネギまのメインキャラ)32人の中で一番気に入った声優は誰ですか?」では第2位となった。

2005年に放送された『ぱにぽにだっしゅ!』を皮切りに、近年はシャフトが制作する新房昭之の監督作品にレギュラー出演することが多い(『さよなら絶望先生』シリーズ、『夏のあらし!』シリーズ、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズなど)。
役柄も、同作品のキャラクター「一条さん」のような不思議系やオチを担当するようなものとなる傾向がある。
また、それらの作品のほとんどで野中が所属するスターチャイルドが製作に参加している。

プロレス好きで、全日本プロレスの興行にも親しい声優を連れてたびたび観戦に行っている。
2005年末から2006年始めには、東南アジアでNOAHの秋山準と会ったりした。
QMAは『二つの時空石』でセラ役を演じる以前よりプレイしており、パスカードを持っている。
セラを初めて見た感想について「不思議ちゃんとはいかないまでもちょっと気になるところがある子だなぁ」と感じたという。
同作の演技についても自身がプレイしていたこともあり、それが参考になったと語っている。

『野中藍 ラリルれ、サタデーナイト。』400回記念として、「神戸マラソン2012」でフルマラソンに初挑戦し5時間38分46秒で完走した。
翌年の「神戸マラソン2013」にも引き続き出場し、前年を上回る5時間10分28秒で完走した。

スポンサードリンク

 

声優という職業に就くイメージとして、インドアな印象を受けることが多いように思えますが、フルマラソンを完走しきるなど、意外とアウトドア派な一面があることも伺い知れますね。

野中さんに近い世代の声優の方は、劇団所属から声優の世界に転身された方が多いように思えますが、その中でも宝塚を目指されていた野中さんのようなパターンの方は少ないのではないでしょうか?

 

 

野中藍の私生活について

ベテランとしてキャリアも申し分ない野中さんの年収は?

凡その年収としては320~350万円だそうです!

こちらの最下段に野中さんの項もありますが、340万と出ていますので、凡そこのあたりで予想が収束しているのではないでしょうか?

ちなみに声優の中でもこれだけ稼げるのはトップ中のトップだけ、というのですから声優業界は狭き門なのですね…

プロフェッショナルが就く、とは言うにはあまりにも安すぎる収入。

業界の供給過多な現状などが作用しているとは思いますが、声を使うエキスパートなのですから…

もうちょっと平均年収は挙げてもいいと思うんですがねぇ…

 

キャリアアップの矢先?年齢を考えれば当然!?まさかの結婚!!

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の佐倉杏子役などで知られる声優で歌手の野中藍が25日、自身のブログを更新。
今月21日の大安に40代の一般男性と結婚したことを報告した。

「ファンの皆様、関係者の皆様へ」のエントリーで野中は「この度素敵な御縁に恵まれまして、8月21日に入籍いたしました」と報告。
お相手については「一般の方で、私のしーぽんのような猪突猛進なところ、風子のような不思議なところ、杏子のような少しはねっかえりなところ、すべてを大きく包み込んでくれるような、私にはもったいないくらい優しくて心が綺麗な方です」と紹介した。

今後は「彼と共に、笑顔の絶えない明るい家庭を築いていけるようがんばります」と決意を新たにし「大好きなお仕事は変わらず続けさせていただきます。尊敬する先輩方のように、たくさん人生経験を重ねて、素敵な女性、素敵な役者になっていきたいです」と誓った。

また、YouTube「野中藍 ラリルれ、エブリバディ」でも笑顔で結婚を発表。結婚願望や入籍日のこだわり、馴れ初めなどを紹介するとともに、お相手が40代であることや、自身が描いた似顔絵を公開。
さらに声優界では酒好きとして知られるが「彼は仕事に理解があり、朝まで飲んで帰ってもわかってくれる。酒量は制限しなくていいと言われている」と幸せオーラを振りまいた。

 

まさかの唐突な結婚の発表に驚いたファンの方も多いと思いますが、筆者としては「年齢的には…」と思う部分もあるため、何とも言い難い部分ではありますよね。

過度なアイドル化の結果、結婚適齢期を過ぎても結婚できない声優さんが増えている現状を鑑みると「もうこの年齢ならいいじゃん…」なんて思ったりはしちゃいますw

 

 

 

 

はい、ということで今回は声優の野中藍さんについて迫ってみました!

ご成婚を機に、その人生経験を生かして声優としての演技により深みを増してほしいものですね!

スポンサードリンク
About もるがん斉藤 78 Articles
割と音楽とかが好きです。 よかったら記事見てください! よろしくお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*