【諸口あきら】ラジオパーソナリティの先駆者の彼の私生活は?病死!?

Pocket

今回は、ラジオパーソナリティとして名を残し、カントリーシンガーとしても名を馳せている諸口あきらさんについて迫っていきましょう!

スポンサードリンク

”諸口あきら”という人物

プロフィール

芸名:諸口 あきら(読み:もろぐち あきら)
旧芸名:茂呂弘人
本名および旧芸名:諸口 旭(読み:もろぐち あきら)
生年月日:1944年5月21日
分類:タレント、ラジオパーソナリティ、カントリーシンガー、俳優、評論家、書家

 

本名から芸名を拝命し、さらに改名して、また改名…

ここだけみると、ちょっとよくわからないですが、諸口さんなりのこだわりが何かあったのでしょうか?

 

 

人物像

福岡県門司市(現在の北九州市門司区)出身。
多摩美術大学油絵学科卒業。1960年代に「茂呂弘人」や本名の「諸口旭」名義で俳優として活動した後に、1970年代にカントリーシンガーとして一世を風靡した。

長年にわたって京都市内に在住。
左京区北白川にカントリーのライブハウス『もろぐち邸』を開いていた時期には、市内在住のミュージシャン・末松よしみつを番組・コンサート・映画などに出演させるなど、およそ10年にわたって面倒を見ていた。
その一方で、関西地方を中心に芸能活動を展開。『日本列島ズバリリクエスト』(KBS京都ラジオ)や『MBSヤングタウン』(毎日放送ラジオ)をはじめ、関西地方のラジオ局が制作する番組に数多く出演した。
また、『世界史漫遊』(NHKテレビ)や『独占!おとなの時間』(テレビ東京)などのテレビ番組でレギュラーを務めたほか、1976年に東映が製作した中島貞夫監督・千葉真一主演の映画『沖縄やくざ戦争』ではナレーションを担当した。
さらに、『旅人のうた』というエッセイ集を発表。京都周辺の深夜放送ファンを中心に人気を博したほか、地元紙の『京都新聞』の書評欄で「地元のベストセラー本」として取り上げられた。

1980年代前半には一時、芸能界を離れていた。1982年2月にホテルニュージャパンで発生した火災で、宿泊客だった知己を亡くした影響から、しばらく海外で生活。
後に帰国すると、毎日放送ラジオで『ごきげんさん!3時です』『三菱ダイヤモンドハイウェイ』『諸口あきらのイブニングレーダー』のパーソナリティを務めた。

1984年10月から平日夕方の報道生ワイド番組として放送を開始した『諸口あきらのイブニングレーダー』は、歯に衣着せぬ語り口の評論で、関西地方の高聴取率ラジオ番組ベスト5に入るほどの人気番組になった。
番組10周年の1994年には『ラジオ屋稼業』という本を執筆したが、2001年9月で金曜放送分のパーソナリティを勇退すると、2002年3月に自身の意向で番組の終了に至った。
ただし、終了後も毎日放送ラジオで、『MBS夜な夜な倶楽部(月曜) 週刊諸口あきら』(2004年3月まで『月曜S-』2005年3月28日深夜で終了)『もろから談々!』などのパーソナリティーを担当。
書家としても年数回各地で個展『諸口あきらの墨の世界』を開催したほか、カントリーシンガーとしての公演も続けるなど、多方面で活躍していた。

 

こうしてみると、かなり多岐にわたって活躍されていますね。

間口が広すぎて、何を代表に、といった説明が難しくなるレベルです(´・ω・`)

ただやはり、諸口さんの看板として一番有名なのは、ラジオパーソナリティとしての顔だと思うのは筆者だけでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

諸口あきらの私生活について

交友関係は?

高石ともや、坂庭省悟、城田じゅんじなどブルーグラス系のミュージシャンや、唐渡吉則らと親交が深かった。
歌手としては、高石の主宰で毎年7月の祇園祭の時期に開かれる「京都宵々山コンサート」へ出演することが恒例になっていた。

南海ホークス以来の熱狂的なホークスファンで、1988年10月15日に大阪球場で催された南海ホークスとしての最終戦(対近鉄バファローズ戦)では、自身と同じく古くからのファンである花紀京と涙ながらに観戦している姿がテレビ番組で紹介された。
南海の元エースで南海最後の監督でもあった杉浦忠や、南海で一時先発投手として活躍した三浦清弘とも親交が深く、2011年11月の『イブニングレーダー』で杉浦の訃報を伝える際には感極まって涙に咽いだ。

 

諸口さんご自身が著名なこともあり、やはり付き合いを持っているのも一流の方々ばかりですね。

これはやはり、「類は友を呼ぶ」ということなのでしょうか?

音楽人だけでなく、野球なども含めて一線にいた方々と交流を持つということは、諸口さんにもすごい魅力があっての話だと筆者は個人的には思います!

 

 

 

そんな諸口さんの奥さんは?

諸口さんの奥さんは、プロゴルファーの中村悦子さんです。

ここで、簡単に中村さんのプロフィールについてもおさらいしておきましょう。

 

所属:ゴルフセンターコスモグリーン
出身地:千葉県野田市
生年月日:1947年2月10日
入会期:1967年11月1日 1期生
契約ボール:ダンロップ

 

当記事執筆当初で70歳という高齢にもかかわらず、今もまだ現役とのことで、筆者も驚きを隠せません。

70歳で現役プレイヤーとは…ものすごいタフな印象を受けますが、実際はどうなんでしょうか?( *´艸`)

 

 

 

昭和の時代を築いたラジオパーソナリティの最期

2017年9月10日、逝去。

「諸さん」の愛称で親しまれ、ラジオパーソナリティーや歌手など多方面で活躍した諸口あきら(もろぐち・あきら=本名・南弘人=みなみ・ひろと)氏が10日午前3時37分、肺気腫のため京都市内の病院で81歳で死去した。
通夜は11日午後7時、葬儀・告別式は12日午後2時、京都市南区西九条池ノ内町60の公益社南ブライトホール。
喪主は妻でプロゴルファーの中村悦子(本名・南悦子=みなみ・えつこ)さん。

北九州市出身。
多摩美大卒業後、モデルや俳優などを経て、カントリー&ウエスタンを中心とした歌手活動を始める。
KBS京都「日本列島ズバリリクエスト」やニッポン放送「オールナイトニッポン」などラジオの深夜番組で、その飾らない語り口が人気となった。

一時は芸能活動を休止したが、MBSラジオ「諸口あきらのイブニングレーダー」での辛口の評論で再び好評を博した。
絵画の国際展で受賞歴を持つほか、ギャンブルやスポーツなど多方面に趣味を持ち、プロ野球・南海ホークスのファンとしても知られた。

 

81歳という高齢にも関わらず、時代を率いてきた諸口さんは純粋にすごいと思います。

今までお疲れさまでした。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

はい、というわけで今回は諸口あきらさんについて迫っていきました!

81歳という年齢にもかかわらず平成の時代にも影響を与えた男の雄姿、筆者は忘れません。

スポンサードリンク
About もるがん斉藤 78 Articles
割と音楽とかが好きです。 よかったら記事見てください! よろしくお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*