【斉藤由貴】妙齢の美女の今について。私生活は?不倫騒動!?

Pocket

今回は、歌手や女優として活動され、妙齢になってもいまだに美人な斉藤由貴さんについて迫っていきましょう!

スポンサードリンク

妙齢にして年を感じさせない斉藤由貴

プロフィール

本名:小井 由貴(旧姓:斉藤)
生年月日:1966年9月10日
出生地:神奈川県横浜市
身長:161 cm
血液型:B型
職業:女優・歌手
ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台
活動期間:1984年 –
事務所:東宝芸能

 

年齢が年齢のため、すでにご成婚なさってます。

当記事執筆当初で50歳という既に妙齢と言って差し支えのない年齢ではありますが…

その年齢を容姿からは感じ取れないですね!

 

人物像

神奈川県立清水ヶ丘高等学校(現・神奈川県立横浜清陵総合高等学校)卒業(1985年)。
若手時代はセーラー服の似合う清楚な少女として支持を集めた。

母方の祖父は日本聾唖協会横浜部会の創立に奔走した水島吉男で、妻が経営する帯の仕立てを手伝い、夫婦共に聴覚障害者の職人として皇后美智子の婚礼に用いられる帯の仕立てを受注した。

趣味・特技は作詞・イラスト・読書・詩を書くことなど。
左利き。
信仰している宗教はモルモン教であることが報道によって明らかにされている。
別冊宝島の調査によると、1980年代の年間ベスト50位以内ランクイン曲数4曲と当時の女性アイドル中8位であった。

1984年、母が応募した第1回東宝シンデレラオーディションにおいて、最終選考まで残ったことで芸能界入り。
また同年、少年マガジン(講談社)第3回ミスマガジンでグランプリを獲得。
10月、明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」のCMでテレビ初登場。

1985年2月、「時代だって、由貴に染まる。」というキャッチフレーズのもと、キャニオンレコードより「卒業」で歌手デビュー。同曲はオリコンで最高6位を記録し、約35万枚のヒットとなる。
同年4月放送開始のフジテレビ系『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演。これにより「卒業」で見せた可憐なイメージとのギャップで瞬く間にトップアイドルへと上り詰める[8]。また同年12月には初の主演映画『雪の断章 -情熱-』が公開された。

1986年、4月からNHK連続テレビ小説『はね駒』のヒロインを演じた。3月に発売した「悲しみよこんにちは」がヒットし約30万の売上を果たしこの曲で、12月に『第37回NHK紅白歌合戦』へ初出場、紅組キャプテンも務めた。
同曲は、テレビアニメ『めぞん一刻』の主題歌に起用された。同月公開された出演作『恋する女たち』では主題歌も担当。
女優としてキャリアを重ねた背景には作品に恵まれた面もある。

1989年4月、主演テレビドラマ『湘南物語』の主題歌で、井上陽水のカバー曲「夢の中へ」をリリース。自身最大のヒット曲となった。

1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台に出演、詩作活動やナレーターなど幅広く活躍。
作詞家としてミュージカルの作詞や、同世代の女性歌手にも作品を提供している。

2008年3月8日、PARCO劇場にて単独では結婚以来13年ぶりのコンサートを開催、翌日に追加公演を行った。

スポンサードリンク

2011年2月には、デビュー25周年を機に制作されたニューアルバム『何もかも変わるとしても』をリリース(先行販売は2010年)。
これに合わせ5日連続のコンサートをPARCO劇場で開催した。
同年5月10日には福岡 Yahoo! JAPAN ドームで行われた、パ・リーグ公式戦福岡ソフトバンクホークス対オリックス・バファローズの試合前セレモニーで、「国歌独唱」を行った。

 

やはり妙齢であることもありますが、キャリアがすごく充実してますね!

運に恵まれながらも、今の地位を得ることができたのは紛れもなく斉藤さんの実力でしょう!

 

 

 

妙齢の美女の私生活について

50代になってもまだまだイケイケ!?まさかの不倫騒動!

50代の主治医とのW不倫疑惑が報じられていた女優の斉藤由貴さんが11日、不倫を認め、所属事務所を通じてファクスでコメントを発表した。
「女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。でも、もう、終わりにしました」としており、主治医との関係を解消したことを明かした。

疑惑をめぐっては、一部週刊誌が8月、斉藤さんと主治医が密会を繰り返したり、“手つなぎデート”をしたりしていることを報道。
斉藤さんは同月3日に緊急会見を開き、「お世話になっているお医者さんです」などと疑惑を否定していた。
しかし、今月に入り、週刊誌に主治医とのキス写真を掲載され、不倫が決定的となっていた。

斉藤さんのコメント発表に先立ち、男性は11日午前放送の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)で独占インタビューに応じ、斉藤さんとの不倫関係を認めていた。

 

不倫の是非はともかくとして、50代になってもまだまだイケイケですね…

若さを保ち続ける努力をした所以でしょうが、それを不倫に向けるのはいかがなんでしょうか?

 

 

まさかの警察沙汰に!?写真は流出したもの?

斉藤は、男性医師とのツーショット写真やキス写真の流出について困惑しており、「週刊誌に掲載されている写真などについて、事務所から警察に相談しております。今回、また今後出されるかもしれない画像などへの言及は避けるよう、指示されていること、ご理解下さい」とした。

 

言及もなにも、とは思ってしまいますが…

芸能人ならば、撮られた写真にはしっかり腰をすえて対応してほしいものですが、事務所的にそうはいかないのでしょうか?

 

 

 

はい、というわけで今回は斉藤由貴さんについて迫っていきました!

50代になってもイケイケのその精神性は、見習うべきなのか、はたまた戒めとするべきなのか…

何はともあれ、今後の動向に注目していきたいところですね!

スポンサードリンク
About もるがん斉藤 78 Articles
割と音楽とかが好きです。 よかったら記事見てください! よろしくお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*