【Claris】正体不明のアニソンシンガーユニット!その私生活は?素顔公開!?

Pocket

今回は、謎多き正体不明のアニソンシンガーユニットの”Claris”に迫っていこうと思います!

スポンサードリンク

正体不明、アニソン界のトップシークレット”Claris”

プロフィール…?

元はクララとアリスの女子二人で編成されていたアイドルユニット。
メジャーデビュー前の名義は「アリス☆クララ」で、デビューから2012年3月までは現役女子中学生として紹介されていた。

「ClariS」は二人の名前を組み合わせたもので、クラリスという言葉にはラテン語で「明るい・清潔・輝かしい」などの意味がある。
またファンである『ルパン三世 カリオストロの城』に登場するヒロインのクラリスにも由来している。

本名・出身地・生年月日などは非公開(※)。
素顔についても、元々インターネットサイト上で顔を出さずに活動していたことや、「学業優先」を理由に、現在もなおメディアで公開していない。

ジャケットや公式ウェブサイトなどには、redjuice(「アリス☆クララ」時代)、織田広之、蒼樹うめ、岸田メル、渡辺明夫による二人をイメージしたイラストや、チョコレートや飴、炭酸水などお菓子のモチーフが使用される。

2014年6月にアリスが卒業し、2014年11月に新メンバーのカレンが加わったことで、クララとカレンの二人で編成されるユニットとなった。
2017年4月よりSACRA MUSICにレーベルを移籍した。

※中学校の卒業は2012年3月。以降公式サイト等では「現役高校生ユニット」となっている。

 

プロフィールなんてなかったんや…(震え声)

ここまで情報の秘匿が徹底されているアーティストも割と珍しいのではないでしょうか?

世界観を壊さないために本人情報を公開しないアーティストは何人かいるでしょうが…

それにしても、ここまでの徹底ぶりはすごいですね!

 

 

人物像

各メンバーについてまとめさせてもらいました。

 

・クララ


イメージカラーはパステルピンク(旧:ピンク)。
イメージは月。
特技はピアノ。
初音ミク・いきものがかり・YUIの曲をよく聴いており、絢香の曲を歌う際の参考にしている。

幼稚園時代から音楽スクールに通っており、その頃から歌手になりたいと思っていた。
後にアリスが同じ音楽スクールに入学してきて出会ったことについては、「本当に運命だと思う」と語っている。
デビューに関しては全く想像しておらず、クレジットで自分達の名前が出てきたときに初めて自分達が作った歌だと実感したという。

 

・カレン


2014年11月8日に発売されたリスアニ!vol.19 付録音楽CD「Clear Sky」から加わった。
イメージカラーはパステルグリーン。
イメージは星。
クララとは同じ音楽スクールのクラスメイトで、ステージで共演してから交流が始まった。
アリスの卒業後、ひとりだったクララの練習に付き合っていたことから、クララに指名されてClariS入りが決まった。
クララ曰く「天真爛漫で元気いっぱい!」である。

 

卒業したメンバー

・アリス

スポンサードリンク


イメージカラーはブルー。
イメージは太陽。
初音ミク・絢香の曲をよく聴いている。
尊敬する人は安室奈美恵。
ディズニーランドが好きで、ディズニーランドで歌うのが夢。
幼稚園の頃は『おジャ魔女どれみ』に憧れていた。
安室奈美恵がテレビで踊っている姿に感銘して音楽スクールに通い始めた。
そこでクララに声をかけられて仲良くなった。
オリジナル曲になる「DROP / 君の夢を見よう」をkzに制作してもらえたことに対し、夢のようだと語っている。
2014年6月4日をもってClariSを卒業した。

 

卒業したメンバーも含めて、多種多様な個性が光り輝いてますね!

情報が秘匿されてるさながら、開示されているところは開示されてるので、線引きが極端、という印象を受けます。

表現者としての意地なのか、臆病なのか…

筆者にはとてもじゃないですが、判断がつきません!(笑)

 

 

 

 

Clarisメンバーの私生活

卒業したアリスさんの私生活の一面

卒業されたアリスさんは、学校等でClarisの曲が流れるとついニヤけてしまうそうですよ(笑)

しかも、友達にもほかの生徒にも、自身がClarisだということは一切明かしていないとのことです。

相方のクララさんは、アリスさんの選んだ道を応援しますと宣言していました。

 

というわけで、いくらアニソン界の正体不明枠とは言えど、中身は分相応な女子高生だったようですね(笑)

学校で自身の曲がかかるとニヤけるとかかわいすぎません!?(笑)

 

Claris、ついに素顔を公開か

2017年9月16日、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールにて素顔を公開

女性デュオ・ClariSが16日、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールで『ClariS 2nd HALL CONCERT in パシフィコ横浜国立大ホール ~さよならの先へ…はじまりのメロディ~』を開催。
デビュー以来、“覆面”を貫いて活動してきたが、この日初めて仮面を外しファンに素顔を披露した。

「ヒトリゴト」で幕を開けたライブは、序盤から新進気鋭のクリエイター・TeddyLoidがリミックスした「border」を初披露し、「CLICK」「again」と一気にたたみかける展開。
中盤ではカレンのソロ「42nd STREET」でタップダンス、 クララのソロではデビュー前の楽曲「君の夢を見よう」を聴かせた。

後半「サヨナラは言わない」を歌い終えると、後ろ姿で仮面をとって一度舞台から消えた2人。
「Prism」が流れると、初めて仮面を外したクララとカレンがステージに現れ、この日一番の大歓声が会場を包んだ。

アンコールで2人は「7年間かかってやっと会えたことがうれしい」「仮面を外すことは少し恥ずかしさや不安もあったけど、 それ以上にうれしかったです」と万感の心境を語り、ファンも共に歓喜した。
その後、新曲「SHIORI」、最後は「Orange」と披露し、会場がオレンジ色に染まるなか盛大に終幕。
エンドロールでは、この日のライブがすべてクララとカレンの2人による企画・演出だったことも明かされた。

 

はい、というわけでクラリスのお二人はそろそろ素顔をさらして活動していくのでしょうか?

ちなみに、画像などは公開されていませんが…

 

クララ:モモクロの緑の人(有安杏果さん)の輪郭に石原さとみさんを二発殴った感じ

カレン:花澤香菜さんを輪郭強めにした感じ

 

とのことらしいです!しかしクララさんの表現がひどい…(´・ω・`)

 

 

はい、というわけで今回はアニソン界の正体不明のユニット”Claris”について迫ってみました!

プライベートな情報がほぼ公開されていなので、何かわかったら随時追加していきますね!

スポンサードリンク
About もるがん斉藤 78 Articles
割と音楽とかが好きです。 よかったら記事見てください! よろしくお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*