【MLB】コーリー・クルーバーの今。サイ・ヤング賞候補の私生活は?

Pocket

今回は、2014年に続いて再びサイ・ヤング賞の受賞候補へ一躍名乗りを上げたコーリー・クルーバー選手について迫ってみましょう!

スポンサードリンク

メジャーリーガー、コーリー・クルーパー

プロフィール

国籍:アメリカ合衆国
出身地:アラバマ州バーミングハム
生年月日:1986年4月10日(31歳)
身長:約193 cm
体重:約97.5 kg

投球・打席:右投右打
ポジション:投手
プロ入り:2007年 ドラフト4巡目(全体134位)でサンディエゴ・パドレスから指名

 

当記事執筆当初で31歳という、ベテランと若手のちょうど中間ぐらいの立ち位置の年齢ですね!

この年になってようやく頭角を現したというところでしょうか?

 

 

人物像

クルーバーはテキサス州コッペルのコッペル高校に通った。
学校の野球チームのための投球と彼の高等学校のコーチ、ドン・イングリッシュによる過度使用の中で、クルーバーは手術と2本のネジの挿入が必要な肘のストレス骨折を起こした。
彼は2004メジャーリーグ野球(MLB)ドラフトで選ばれなかった。

コーチのステットソン大学は、彼が世界ウッドバット選手権で投げたときクリューバーを意識するようになりました。
フロリダ彼の両親がマンション所有している関係から、彼はStetsonに在籍し、Atlantic Sun ConferenceでStetson Hattersも含め大学野球をした。

2005年の新入生として、クルーバーは救援投手として使われた。
彼は2-2 イニング・ロスの記録を収め、25 回のイニングで 7.82の稼働平均(ERA)を記録した。
2年生のとき、彼は17試合で6-5の勝敗記録と3.61のERAを記録し、そのうち14試合が始まった。

2007年のKluberの勝利は12-2、ERRAは2.05で、117 回の奪三振を記録しました。
その年、彼はAtlantic Sun ConferenceのPitcher of the Yearに選ばれました。
2007 Ping!の第2チームメンバーです。

野球オールアメリカンチームおよび2007年のアメリカ野球指導者協会オールアトランティック地域第2チームのメンバーでもあります。

クルーバーはの趣味はゴルフだ。熱の入れ方もすごい模様である。

2014年11月、KluberはStetson Athletics Hall of Fameに就任した。

 

英文の自動翻訳になりますので、文節のおかしさなどは目をつぶっていただけると幸いです(笑)

しかし、アメリカの高校野球でひじの骨折とは…

その後よくキャリアを立て直せたものだ、と感心してしまいますね!

 

 

コーリー・クルーパーの私生活

気になる年俸は?

2015年:61万ドル(約6100万)
2016年:450万ドル(約4億5千万)

 

※その他の別情報
2014年のサイヤング賞投手で、2015年は9勝16敗という成績も味方打線の援護が乏しかったためで、防御率3.49は素晴らしい数字だった(2015年もサイヤング賞投票ではトップ9)。
バムガーナーと同様に5年3850万ドルという契約により、年俸は770万ドルでしかない。
2016年の出だしはやや苦しんでいるが、奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)は高く(8.9)、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は2.0と素晴らしい。

スポンサードリンク

 

というわけで、年俸は振れ幅がありすぎてよくわからない状態で鵜…

ですが、おそらく5年で3850万ドルというのが正しいかと思われます。

ちなみに3850万ドル≒38~39億円という換算になりますので、これでもかなりの大型契約になりますね!

 

 

コーリー・クルーパーの選手としての今

あだ名はサイ・クルーパー?2017年もサイ・ヤング賞の筆頭候補へ

7回無失点9Kの快投で17勝目、2014年以来となるサイ・ヤング賞へ
インディアンスのコーリー・クルーバー投手が17日(日本時間18日)、本拠地でのロイヤルズ戦で7回3安打無失点9奪三振無四球と快投し、17勝目(4敗)を挙げた。
カーブのあまりの切れ味に、空振りした相手打者が思わず笑ってしまったシーンが話題となっている。

クルーバーはこの試合、1、2回と3者凡退。
3回1死からゴードンに死球を与えたものの、後続を難なく断つと、4回も3者凡退とノーヒットをピッチングを続けた。
5回1死からオーランドに初ヒットを許したが、ここも後続を断つ。
6回は再び3者凡退。7回はヒット2本と自身のエラーで2死満塁とされたが、ゴードンを投ゴロに仕留めて無失点に抑え、ここで降板となった。
インディアンスは救援陣が2点を失ったものの、3-2で勝利している。

驚きの1球が投じられたのは初回1死の場面。
2番カブレラに対して投じた初球の84マイル(約135キロ)のカーブは、ベース手前で急激に曲がり、内角低めへ。
フルスイングしたカブレラのバットは空を切り、その後、呆れたように思わず笑ってしまっている。

MLB公式サイトのツイッター「MLB GIFS」は、「コーリー・クルバーと相対する時には、笑うしかないときがたまにある」との一言を添えて、この動画を投稿。
コメント欄には「今年のサイ・ヤング賞を与えてくれ! セビー(セベリーノ=ヤンキース)が議論に上ってほしいけど、コーリーはどんな日でもセールを上回っている!!!!」「この男はえげつない」と称賛の声が出ている。

今季は開幕直後に苦しみ、5月に約1か月の離脱もあったクルーバーだが、復帰後は例年通りの高いパフォーマンスを披露。
ここまで、いずれもリーグトップの17勝(4敗)、防御率2.35と好調を維持している。驚異のWHIP(1イニングあたりの四球+安打)0.85、9イニングあたりの四球数1.7個もリーグ1位。
1か月の離脱がありながら投球イニングも191回2/3と200イニング到達は確実で、クリス・セール(レッドソックス)らを抑えて2014年以来となる自身2度目のサイ・ヤング賞に輝く可能性も高まってきた。

 

はい、というわけで今シーズンは尻上がりに調子を上げてきたコーリー選手ですが、しかし…

本当にえげつない成績をたたき出していますね(笑)

件の動画、筆者も見てみましたが…確かにあれは笑うしかないです( *´艸`)

 

 

 

はい、というわけで今回は”サイ・ヤング賞”の受賞筆頭候補として一つ頭抜けた形となったコーリー・クルーパーについて迫ってみました!

2014年に続いての受賞、期待しても…いいですよね?(笑)

スポンサードリンク
About もるがん斉藤 78 Articles
割と音楽とかが好きです。 よかったら記事見てください! よろしくお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*