【日ハム】大谷翔平の今。私生活は?年俸は?メジャーデビュー!?

Pocket

今回は、日ハムのエースとして名高い大谷翔平選手について迫っていきたいと思います!

スポンサードリンク

日ハムの主砲にしてエース、大谷翔平

プロフィール

国籍:日本
出身地:岩手県水沢市
生年月日:1994年7月5日
身長:193 cm
体重:97 kg

投球・打席:右投左打
ポジション:投手、外野手
プロ入り:2012年 ドラフト1位
初出場:2013年3月29日

 

今年で23歳と、普通であればルーキーとして扱われる年齢ですが、既にエースにして風格を現し始めている他、指名打者(DH)としても文句なしな成績を残しているなど、主砲格にも入りうるその活躍には脱帽せざるを得ませんね。

若さ故にできることなのか、大谷選手の才能故なのかはわからないですが…

 

 

人物像

靴のサイズ28.5cm

父の徹は岩手県立黒沢尻工業高等学校時代は外野手で卒業後は三菱重工横浜でプレーしていた元社会人野球選手。
現在は金ケ崎シニアの監督。

母の加代子は元バドミントン選手として国民体育大会に出場した実績を持つ。
また7学年上の実兄の龍太は元高知ファイティングドッグス所属で、現在はトヨタ自動車東日本でプレーしており、身長187cmの外野手。
2学年上の姉もいる。

好きな選手にはダルビッシュ有とクレイトン・カーショウを挙げている。

高校時代には野手としても高い評価を受けていたが、本人は投手に対するこだわりが強く「世界一の投手」を目標に掲げており、高いメジャーリーグ志向を持っている。

「誰もやったことがないようなことをやりたい。野茂英雄さんもそうですし、成功すれば高校からメジャーへという道も拓けると思う。160km/hの目標を掲げた時には「無理じゃないか」と言う声もあったが、そう言われると、絶対やってやるという気持ちになる。刺激というか、やる気になる」という考えから、高校3年時には日本のプロ野球を経ずに直接メジャーリーグ球団との契約を目指す意向があることを明かし、「日本を選択した場合でも、肉体的ピークだという25歳でメジャーに挑戦していたい」「日本人投手として最初のアメリカ野球殿堂入りを果たしたい。メジャーで殿堂入りするためにはメジャーで最低15年はやらないといけないという話なので、30歳近くになってからメジャーに挑戦するのは遅いと思う」「マイナーリーグからはい上がってメジャーに行くことも魅力」と話し、日本ハム入団を表明した後も「やっぱり最終的にはメジャーリーグに行ってみたいと思いますし、自分の憧れている場所」と話した。

アメリカで生活していく覚悟についても「その気持ちはあります」と話し、日米の文化や言語、野球の違いについては「合うかどうかというより慣れだと思っています。そういう意味も含めて、若いうちに慣れた方がいいと思うんです。だから不安はありません」と話した。

チームメイトの上沢直之は「僕のほうが1学年上なのに平気でいじってくる。タメ口で話しかけてくる時もある。クソガキみたいな部分もある。でも、普段は礼儀正しい」と語っている。
同じく鍵谷陽平は「投手と野手をやっているので全員に隔てなく接して話すことができている。誰とでも気さくに話すし、言いたいこともしっかり言える性格。みんなから親しまれている」と話している。

プライベートでは外出をほとんどせず、「二刀流をやろうとしていることを考えたら、我慢しなくてはいけないことがいっぱいある」という方針から外出する際は監督の栗山英樹に許可を得なければならないが、本人は「制限されてもされなくても変わらないと思う。何したいとか特にないですし、いいのかなと思います」と話している。

「無趣味」とも公言しており、強いて挙げている趣味は読書とDVD鑑賞。
読書については「そのときにもよりますけど、読めるときは1日で一気にいっちゃいますし、移動の際とか、時間があって眠くないときに読んでいます」と話し、漫画では井上雄彦の『リアル』や『スラムダンク』、寺嶋裕二の『ダイヤのA』などを読んだことがあると語っている。

グローブには験担ぎでウェブに揚羽蝶をあしらったり刻印を施している。
好物はクレープ。本人は洋菓子が大好物と語っているが、栄養管理のため比較的油分の少ない和菓子を食べるようにしているという。
高校時代の好きな教科は歴史で、「特に幕末が好きですね。日本が近代的に変わっていくための新しい取り組みが多くて、歴史的に見ても大きく変わる時代。革命や維新というものに惹かれるんです」と語っている。

2015年8月17日には日本郵便北海道支社が大谷の写真を使った切手セットを北海道内で発売すると発表した。
プロ野球選手の切手は例があるが、日本ハムの選手では初めてとなった。

 

日本人でのメジャー殿堂入りを目指すなど、目的意識がはっきりしており、かつ上昇志向がものすごく強いことが伺えますね。

無趣味って言ってますが、めっちゃ歴史とか趣味あるじゃないか…と思ったのは筆者だけではないはず(笑)

それにしても、憧れをいつか現実にできるように、日々努力を怠らぬ姿は目を見張るものがありますよね!

 

 

 

大谷選手の私生活

生活ランクはここで決まると言っても過言ではない!その年俸は?

札束

勝敗/防御率 本塁打/打点/打率 年俸
3勝0敗/4.23 3本/20点/.228 3000万円
11勝4敗/2.61 10本/31点/.274 1億円
15勝5敗/2.24 5本/17点/.202 2億円
10勝4敗/1.86 22本/67点/.322 2億7000万円

 

こうしてみると、普通にとんでもない成績ですよね…

成績に見合った年俸だとは思えませんが、そこは日ハム査定と言われてしまえばそれまでなのでしょうか?

普通にDHとしての活躍がヤバイと思ったのは筆者以外にも複数存在する、と思います(笑)

 

気になる私生活は超質素!?

プロ入り後は毎月、両親から小遣い10万円をもらっているが、物欲がなく大半は手を付けず。

スポンサードリンク

“リアル1カ月1万円生活”を貫いてきた。1カ月の必要経費は1万円前後だという。大枚をはたくのは年に1度、10万円のスーツを新調する程度。

熱中する趣味もなく、寮生活で食費や水道光熱費も困らない。

お金を費やすほど欲しい物が全くないという大谷選手。野球以外に特にお金の使いどころがない上に、寮生活で食費も光熱費もかからない為、1ヶ月の出費は1万円以下。
こ、これは驚異的すぎる。年収2億もあるのならもう少し交際費や外食費とかに使っても良いのではないか?汗
お金を使わなさすぎて、気づいたら貯金が200万円

資金管理は岩手に住む両親に委任。
小遣いとして月額10万円をもらうが、この2年間で「貯金は200万くらいになりました」と告白。

「特に欲しいものもないので(お金は)たまっていく一方ですね」

投打「二刀流」を推し進めるために約束した指揮官への外出許可制が、財布のヒモが緩む可能性をシャットアウト。

2億円の使い道を問われると「(今も)十分、ぜいたくしているので特に…」と困惑の表情を浮かべた二刀流右腕。
今季以上の数字を残すため、オフも練習に励むことしか頭にないようだ。

どうやら、本当に財布を取り出す機会さえ皆無である大谷選手。
まあ、だからこそ野球に集中してあれだけの好成績が残せているのだろう。
だけどやっぱり、もう少しリラックスしてお金使ったほうが人生もっと楽しい気もするが・・・

 

…黄金伝説顔負けの出費の少なさにはさすがに舌を巻かざるを得ないですね…

そのお金に執着しないスタンスは素晴らしいと思いますが、いくら何でも使わなさすぎでは…?

 

 

女性関係どころかファッションにもまったく無頓着!?

私服は知人からのもらい物を着こなし、食事も先輩にごちそうになることが多い

移動の時こそ「プロに入って一番高い買い物」という10万円のスーツを着用するが、革靴はアドバイザリー契約を結ぶアシックス社製の物を履く

ホテルでの取材に応じた際に来ていた服が、ネット通販で「税込1575円」で売られている商品だと判明

年俸1億円の超大物ルーキーが1575円の私服を着ていたことに、日本中が騒然。
大谷選手は、ポロシャツにジーパン姿が多く、服にはかなり無頓着であることで知られている。

熱愛報道や過去の女性関係も皆無。根掘り葉掘り聞き出したところで何も出てこなさそうな雰囲気だ。

球団関係者も「趣味らしい趣味ができて少しでも話題が豊富になってくれれば」と無趣味を公言するプライベートに変化を期待していたが、それも雲行きは怪しそうだ。

根っからの真面目気質である大谷。コレといった趣味もあまりなく、最近の唯一の楽しみは勝った試合の後にコンビニでスイーツを勝って食べることらしい。

 

ある意味先行きが不安になりそうな気がしますが…果たしてどうなのでしょうか?(笑)

球団関係者も、ホントにいらん心配をしなければいけないあたり、大谷選手の究極的なまでのストイックさが伺い知れますねw

 

 

 

大谷翔平、渡米の可能性

220億という大金を捨ててまでメジャーへ?

日本ハムの大谷翔平投手の大リーグ挑戦について、米メディアは「数億ドル(数百億円)を捨てて来年米国に来ることを決めたとは」と驚きを持って報じている。

大リーグでは昨年12月に成立した新労使協定により、25歳未満でドラフト対象外の外国人選手は575万ドル(約6億3000万円)が契約上限で、23歳の大谷は大型契約できない。

25歳を待って移籍すれば、契約金と年俸を合わせて総額2億ドル(約220億円)の超大型契約も可能と予想されているのに、かねてから「そこ(金銭的条件)は問題じゃない」と明言。
カネにこだわらない大谷の姿勢を米メディアは「大金を諦めることを気にしていないようだ」と驚きと好感を持って受け止めている。

米ヤフースポーツは「大谷はテーブルの上に置いてある数億ドル(数百億円)を捨てて、来年大リーグでプレーする。みんなカネじゃないというが、やはり結局はカネの話になる。しかし、大谷は1000万ドル(11億円)程度の契約で渡米しようとしている」と驚きを隠せない。
スポーツイラストレーテッド誌は「大谷はバーゲン」と伝えている。

金銭面の条件を問題にしない大谷が移籍先の球団を選ぶ際に求める条件は、二刀流を受け入れてもらえるかどうかの1点。
しかし、二刀流を受け入れられる米球団は少ないのが実情だ。

メジャーは5人の先発ローテ投手が中4日で回る。
昨季の大谷が週に1度、主に日曜に登板をこなしつつ、試合のない月曜を休養に充て、火-木曜の3日間にDHとして出場していた日本ハム流の二刀流は望めそうもない。

大谷の登板間隔を延ばすために先発投手を増員する手があるが、先発投手の年俸は高騰気味。4、5番手クラスの先発投手でも1000万ドル(約11億円)の契約となり、大谷自身にカネは掛からなくても、二刀流の環境づくりには大金が必要になってしまう。

ヤンキースのジラルディ監督はメジャーでの二刀流の可能性に「できると思う。(一人二役できれば他選手のために)出場選手登録の枠が一つ空く。先発投手を6人で回したい時にやりやすい」と起用法にまで言及しているが、実現するかどうかは疑問だ。

大谷は、渡米前に右かかと手術の必要もあるだろう。海の向こうでも活躍するには、まだ数々のハードルを乗り越えなければならない。

 

220億よりも二刀流でメジャーを取りますか、大谷選手…

いや、いくら金に執着しないとはいえど、ここまでくるとすさまじいですね。

年俸だけで語れるのが野球選手でないとは言えど、年俸で”格”がみられるのも野球選手の側面の一つですし、ここは慎重になったほうがいいように思えますが…

 

 

はい、というわけで今回は日ハムの大谷選手について迫ってみました!

その向上心からか、1日も早いメジャーデビューを切望してるようですが、果たして今後はどうなるのでしょうか?

しっかり注目していきたいところですね!

スポンサードリンク
About もるがん斉藤 78 Articles
割と音楽とかが好きです。 よかったら記事見てください! よろしくお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*