【阪神】安藤優也の今。年俸は?私生活は?まさかの引退!?

Pocket

今回は、トラの盤石な中継ぎ陣の一角としても知られ、古くは先発ローテの安定枠だった安藤選手について迫っていきましょう!

スポンサードリンク

トラの申し子、安藤優也

プロフィール

国籍:日本
出身地:大分県大分市
生年月日:1977年12月27日
身長:184 cm
体重:96 kg

投球/打席:右投/右打
ポジション:投手
プロ入り:2001年 自由獲得枠
初出場:2002年4月7日

 

当記事執筆当初で39歳と、身に纏うベテランの風格に見合った年齢になっていますね!

現役プロ15年目の今、まさに成熟したピッチングは他チームにとっては脅威でしょう。

 

 

人物像

小学生の時、野球を始め「ふじが丘少年野球団」でプレー。
ちなみに小中学校の後輩に鉄平がいる。

大分雄城台高校時代は県大会ベスト8が最高成績で、比較的無名の存在だった。
法政大学に進学後は2年時に慶應義塾大学の高橋由伸にそれまで田淵幸一が持っていた東京六大学リーグ通算本塁打記録を破る23本目の本塁打を打たれ、右肩の故障などもあって大学通算7勝4敗の成績だった。
卒業後は地元の大分銀行に就職して軟式野球に転向する予定だったが、のちに夫人となる大学の同級生の勧めもあり「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」と、内定を辞退して社会人野球のトヨタ自動車に入社。

なお、大分銀行には後にプロ入りの際の契約金を全額預金することで“恩返し”をした。
トヨタ時代は最速150 km/hの速球を投げる本格派右腕として頭角を現し第71回都市対抗野球大会、第72回都市対抗野球大会に2年連続出場し、2001年のIBAFワールドカップ日本代表にも選出された。
同年秋のドラフト会議において大学の後輩でバッテリーを組んでいた浅井良と共に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。

 

プライドが高いのもですが、それよりも義理を突き通すこの姿勢がすごく好きです!

野球選手として”銀行”にまで義理をキッチリ果たす人なんてなかなかいやしませんからね…( ´∀` )

 

 

安藤選手の私生活について

やはりここが気になる!付き合い等にも影響してくる年俸は?

年俸(推定) チーム 背番号
2017年 8800万円 阪神タイガース 16
2016年 8200万円 阪神タイガース 16
2015年 8500万円 阪神タイガース 16
2014年 7500万円 阪神タイガース 16
2013年 5000万円 阪神タイガース 16
2012年 5800万円 阪神タイガース 16
2011年 7700万円 阪神タイガース 16
2010年 1億1000万円 阪神タイガース 16
2009年 1億2000万円 阪神タイガース 16
2008年 7800万円 阪神タイガース 16
2007年 9800万円 阪神タイガース 16
2006年 7800万円 阪神タイガース 16
2005年 4600万円 阪神タイガース 16
2004年 4100万円 阪神タイガース 16
2003年 1500万円 阪神タイガース 16
2002年 1500万円 阪神タイガース 16

 

背番号は一貫して16を纏い続けている、トラの申し子ですね。

スポンサードリンク

一時期は不調から年棒を大きく落としていましたが、今となってはすっかり調子を戻しているようです!

 

 

気になる家族関係は?

今や阪神のベテランとなった安藤選手はもちろん結婚されています。
お相手は法政大学時代の同級生で一般の方のようですね。

一般の女性ということで嫁さんの名前や画像は公表されてませんでした。

2003年には子供も産まれているそうですが、2005年の優勝が掛かったシーズン後半に「夫人の看病のため」と一度戦線を離脱したそうですね。

嫁さんの病名等は明らかにされていませんが、優勝の掛かった大事な時期だったにも関わらず当時の岡田監督の配慮で看病に付かせてもらったそうですよ。
岡田監督の優しさと安藤選手の嫁さんを想う気持ち、両方共良い話ですね~。

 

ということは3人暮らし、ということになりますね( *´艸`)

しかし奥さんを理由に戦線離脱…

虎の申し子だからこそ許される気がしてなりません(笑)

 

 

虎の申し子、安藤優也 ついに引退

首脳陣、選手各々からの惜しまれながらの引退

掛布二軍監督 引退表明の安藤をねぎらう「若手のお手本だった」

今季限りでの引退を15日に正式表明した阪神・安藤優也投手に首脳陣、選手から惜しむ声が送られた。

掛布雅之二軍監督は
「納得しての(引退)じゃないかな。いつか来ることだから。本人には“お疲れさま”と伝えた。(昨年引退した)福原も安藤も1回ダメになってだからね。よくやったと思う。二軍キャンプでは若手のお手本になるような選手だった」
と話した。

甲子園のロッカーが近く、ルーキーイヤーから安藤にアドバイスをもらっていたという藤浪晋太郎投手は
「子供のころからテレビで見ていた方。入団の時からお世話になっていて、年齢差はあるけど気さくに話をしてくれました。寂しいです」
としんみりしていた。

 

このほかにも様々な人から惜しまれながらの引退となりましたね。

ルーキー時代から安藤選手のお世話になっていた藤浪選手についてはこちらに執筆させていただいてますので、是非ご閲覧ください!

 

 

 

はい、というわけで今回は阪神虎の申し子、安藤優也選手について迫ってみました!

この度は現役を引退されるとのことで、惜しむ声がたくさん上がるとは思います。

ですが、まずはそんな安藤さんに「お疲れ様」と言ってあげたいですね。

スポンサードリンク
About もるがん斉藤 78 Articles
割と音楽とかが好きです。 よかったら記事見てください! よろしくお願いします!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*